ホーム >Dr.ロバートより東北関東大震災について日本の皆様へのメッセージ

Dr.ロバートより東北関東大震災について日本の皆様へのメッセージ

My deep condolences go to each one of the people who lost loved ones or property in this terrible natural disaster. It is one of the sad but inevitable truths of the human existence that disaster can strike in our life at any time, usually without any prior announcement. But it is also a very deep and beautiful truth that the human being has an incredible capacity to get back on its feet and continue this beautiful phenomenon called LIFE! Let us all focus on this incredible capacity!
今回の恐ろしい自然災害により、愛する人を失った方々、家や財産を失った方々、お一人お一人に対して、心よりお悔みを申し上げます。ある日、前触れもなく災害が襲ってくるというのは悲しいけれども避けがたい人生の真実です。しかし同時に、人間には、再び立ち上がって「命」という名の美しい現象を継続していく驚くべき力が備わっているというのも深淵な美しい真実なのです!この、驚異の力にフォーカスしましょう!

As human beings we have become so far advanced that we tend to underestimate the forces of nature - we should never do that.
人間はその進歩の中で、自然の力を過小評価してしまう傾向があります。でも、絶対に自然を見くびってはならないのです。

But, just as underestimating the forces of nature is true for the "anti tsunami walls" of Fukushima (too low, too weak) and the rest of the Japanese coastline, and for the security measures in the nuclear power plants (inadequate), it is also true for the capacity of our organism to help itself - if we allow it to do so!
福島をはじめとする日本の海岸線で津波防護壁が低すぎたこと、脆弱すぎたこと、また、原発の安全対策が不十分であったことなどであきらかになったように、私たちは自然の力を過小評価していました。けれど、それと同時に、私たちは、自分たちの能力も過小評価しているのです。生体は・・・生体にそれを許しさえすれば・・・自らを助けることができるのです!

Interestingly, the most resistant tissue to radiation in our organism is the nervous tissue and therefore the brain!
放射能に対して最も耐性が高い組織は、興味深いことに神経組織、つまり脳です!

I have been walking in radioactive rain in 1986 after Chernobyl. I remember the experience as if it was yesterday. You can not see radioactivity, you can not hear it, you can not smell it, but you can taste it. I remember the panic all over Europe after Chernobyl, and I know that still today, in my home town of Munich, you can not pick wild mushrooms in the forest - and you will not be able to do so for the next 300 years...... they are still radioactive......
私は、1986年、チェルノブイリ事故の後、放射能雨の中を歩きました。あの体験は、今でも昨日のことのように思い出すことができます。放射能は、見えず、聞こえず、臭いもしません。けれども、味がするのです。チェルノブイリの後、ヨーロッパ全土がパニックに陥りました。私の故郷であるミュンヘンでは、今でも野生のキノコを採ることはできません。今後、300年間、キノコを採ることはできないのです。。。放射能が消えないからです。

As human beings we have a responsibility to protect ourselves against the forces we actually can protect ourselves against, and we have a responsibility to withstand the forces against which we can not protect ourselves - our organism is much stronger than we think!
人間として、私たちは、自らを守ることができる力に対しては自らを守る責任があり、自らを守ることができない力に対してはそれに耐えていく責任があります。生体は、私たちが考えるよりずっと強いのです!

You know, I am a medical doctor and a specialist in homeopathy, and I believe in Classical Homeopathy as a system to strengthen the natural force of our incredible human organism.
私は医者でありホメオパシーの専門家です。クラシカル・ホメオパシーは、驚異の生体がもつ自然の力を強化するシステムであると私は信じています。

We can use homeopathy to help our organism. I therefore suggest the following to cope with this special situation:
ホメオパシーを使って生体を助けることができます。具体的に、今回の特別な事態に対処する方法として、以下の提案をいたします。

- contact your classical homeopath and ask for advice
- repeat in low and frequent doses the remedy that has helped you most, what you might call your  "constitutional" remedy
- if you suffer from the after effects of the earthquake, take a remedy specific for those symptoms. Most probably "aconitum" in a high potency (M or XM) will help you
- if you have nothing special you can take or feel like taking, you can take Ferrum metallicum in a low potency, like Ferrum metallicum 12K, three globules every day. Ferrum supports the blood system, which, together with the immune system is the most sensitive to radiation

・クラシカル・ホメオパシーの担当ホメオパスにコンタクトしてアドバイスを求めてください。
・今までに一番効果があったレメディ(体質レメディとでも呼べるようなもの)の低いポテンシーを頻繁にとります。
・地震の後遺症がある場合は、そうした症状の特効的レメディをとります。一番可能性が高いのは、アコニトウムのハイポテンシー(M[1000]あるいはXM[10000])でしょう。
・特にこれといったレメディが思い浮かばないのであれば、フェルム・メタリクムのローポテンシー(例えば12K)を毎日3粒とってもかまいません。フェルムは血液系をサポートします。血液系は、免疫系と共に、放射能に対して最もセンシティブな系だからです。

Some general advice how to deal with radiation form the holistic point of view:
ホリスティックな視点から、放射能被害に関して、以下、一般的アドバイスです。

1. During times of radioactive exposure, switch from fresh food to processed food (produced before the disaster) as much as possible. Avoid meat, prefer fish. If you need vegetables, prefer roots, not leaves.
avoid  salad and any other large leaved vegetables. Substitute vitamins with vitamin pills.
2. Take iodum (pills or food including iodum) to protect against radioactive iodum and follow the recommendations of public health officials 3. Your state of mind is very important. Take care of your state of mind
- meditate, play music, talk, make love, whatever brings you in a good state of mind - do it! It strengthens your immune system, which absolutely needs the power to resist the radioactive fallout as much as possible!

  1. 放射能の暴露期間中は、できるだけ新鮮な食べ物を控え、加工食品(災害以前に生産されたもの)に切り替えます。肉を避け、魚を食べる。野菜を食べるなら、葉物ではなく根菜にしましょう。サラダ、特に大きな葉の野菜は避ける。不足したビタミンは、ビタミン剤で補います。
  2. 放射性ヨウ素から身を守るため、ヨウ素(錠剤やヨウ素が含まれている食品など)をとり、公衆衛生当局の指示に従います。
  3. 心のありかたがとても大事です。自分の精神状態に注意を払ってください。瞑想、音楽、おしゃべり、メイクラブ・・・気持ちがよくなることなら何でもいいのです。それをしてください!免疫系が強化されます。免疫系は、放射性物質に抵抗するためのパワーをとにかく必要としています!

You can send questions and comments to the email address in this page and we will try to inform you to our best knowledge!
質問やコメントがありましたら、このページの電子メールアドレスにどうぞ。我々の持つ知識のすべてを動員してお答えいたします!

Take Care of Yourself and Lots of energy and protection to all of YOU!
どうぞご自愛ください。たくさんのエネルギーとプロテクションを、みなさま全員に送ります!

F&W JAPAN株式会社 代表取締役
ファカルティ・オブ・クラシカルホメオパシー・ジャパン 校長
Dr.Robert Hasinger