ホーム > 朝日新聞に掲載されたホメオパシーに関する記事につきまして

ホメオパシーに関する一連の報道につきまして

「ホメオパシー」−ニュースで攻撃を受けている自然療法

ホメオパシーは、約200年前にドイツ人医師、サミュエル・ハーネマンによって確立された自然療法で、世界中の医師や自然療法家が実践しています。
推定で、世界中の約6億人の人々がホメオパシーを「定期的に」(一年に少なくとも4回、という意味)ホメオパシーを利用しています。
これは世界の人口の10%にあたります。

ホメオパシーの基本的な原理や概念は、「身体が自らの力で治癒するのを助ける」ということです。
ホメオパシーは、効果的に病気と闘う能力を高めるために、また生まれながらにして持っている防御機構を強めることによって最終的には病気になることを避けるために、生体が生まれながらにして持っている防御機構を活性化させるためのものです。

ホメオパシーは「代替療法」ではありません。
ホメオパシーは何か他のものにとってかわるのではありません。
「補完療法」と呼ばれるのにふさわしいものです。
ホメオパシーは、いかなる健康状態においても役に立ちますが、決して他のものの代替手段と考えてはいけません。
もしホメオパシーが効果を発揮すれば、身体が自分の力で治ったということになるので、他の治療を必要としません。

もちろん、ホメオパシーは、ビタミンやミネラル、その他身体に不足している物質の代用はできません。
ホメオパシーは、痛み止めや精神安定剤、ワクチン接種の代用といった機能を果たすことはできません。
しかし、そういった治療が必要とされるいかなる状況でも、ホメオパシーは支えになり得ます。
また、正しい流儀のホメオパシー(サミュエル・ハーネマンによって確立され、知識や正しい情報、教育に基づいたホメオパシー)を用いれば、私達は、化学的な医薬品に頼らなくても、我々の身体を長期間にわたって健康に保ち、寿命を延ばすことができます。
人類は10万年以上も存在しているのに、化学的な医薬品はたかだか150年前から使われ始めたばかり、ということを思い浮かべてください。化学的な医薬品ができる前は、我々はどうやって生き延びていたのでしょうか?

日本では、「ホメオパシー」という名のもとに、多くの異なる手法の普及が進められているものの、それらの手法の安全性については何も語られておりません。
唯一安全なホメオパシーは、サミュエル・ハーネマンによって確立され、十分に教育され、知識を持った施術者によって実践されている「クラシカルホメオパシー」です。

プロフェッショナルな訓練を受けたホメオパスは、

  1. 初めに世界中の何百人ものホメオパスによって検証されていない、出所不明の、立証されていないレメディーを、決して与えません。(「K2シロップのレメディー」は、そういう立証をされていないレメディーです。)
  2. ホメオパシーのレメディーも、あるいは他のいかなるものも、評価を受けて、一般に受け入れられている医療の代わりとして用いることはありません。
  3. どんな「信念」や「概念」よりもクライアントの健康や安全を常に優先します。

「ホメオパシー」とは言えないのに、「ホメオパシー」の名の下に、正しく理解されていない療法が行われたために、新生児が亡くなってしまったことは、この上なく悲しいことです。
またこの死の責任を負うべき助産婦が正しい訓練を受けていないことはほぼ確実であり、間違った情報に基づいていながらそれを誠意と思って行っていたかもしれないということも、とても残念なことです。

誤った診断、副作用、処方上の間違い等々、現代医学の専門家の手で、世界中で日々何百万もの人々が死んでいることを忘れてはなりません。
だからといって、我々に現代医学を放棄することができるでしょうか? もちろんできません。

我々は常に、社会の一人一人の健康の向上のために、懸命の努力をしなければなりません。
我々の社会は、健康からはほど遠いのです。まだすべきことがたくさんあるのです。
ホメオパシーでは、我々が持って生まれた防御機構を強めることが、皆の健康を増進するもっとも効果的で安全な方法であると信じています。

人間一人ひとりは決して完璧ではありません。
すなわち、どんな分野でも間違いは起こるのです。
パイロットであろうと、タクシーの運転手であろうと、医者であろうと、人々は間違い、時にはとても重大な間違いを犯すのです。
どんな間違いが犯されようと、個人が責任を負うべきであって、その手段が責任を負うべきではないのです。
ある運転手が不注意に誰かを死なせてしまったからと言って、タクシーを禁止しますか?
「ホメオパシー」と呼ばれる何かを使ったある人物が過ちを犯したからといって、日本の社会からホメオパシーの恩恵を遠ざけるべきなのでしょうか?
その人物や、その人物を指導した人々が責任を負うべきなのであって、200年にわたって世界中で何百万人もの人々を助け、アレルギー、膠原病、不妊症、自殺性うつ病、リウマチ、糖尿病、肥満、そのほか数百以上におよぶ、現代医学では治すことのできない病気に苦しんでいるさらにもう何百万人もの人々にも希望を与えている、ハーネマンや彼の素晴らしいホメオパシーのシステムが責任を負うべきではありません。

医師 ロバート・ハシンガー
FCH JAPAN校長、自然療法国際コンサルタント

(以下原文)

Homeopathy ? a natural therapy in the fire of the news

Homeopathy is a natural therapy created by the German doctor Samuel Hahnemann about two hundred years ago and practiced by medical doctors and natural healers worldwide. According to estimates about 600 million people worldwide use homeopathy “regularly” (meaning at least 4 times a year). That is 10% of the world population.

The basic principle and idea of homeopathy is to “help the body cure itself”.
Homeopathy is intended to stimulate the natural defense mechanism of the organism, to become capable to fight disease more effectively or avoid disease altogether through strengthening the natural defense mechanism.

Homeopathy IS NOT “alternative medicine”. Homeopathy is not an alternative to anything. It can be called a “complementary therapy”.
Homeopathy can be beneficial in any health condition, but it can never be considered an alternative to anything. If homeopathy is effective, no further other medicine will be needed, because the body has cured itself.

Of course homeopathy can not substitute vitamins, minerals or any substances which might be deficient in the body.
Homeopathy can not act as a painkiller, a tranquillizer or substitute vaccination.
But homeopathy can be supportive in all the situations where such medications may be needed. Also, with the correct kind of homeopathy ? homeopathy as created by Samuel Hahnemann, based on knowledge and correct information and education ? we can maintain our bodies healthy for long periods of time and prolong life without the need to refer to chemical medicines.
Please remember that the human being exists since more than one hundred thousand years, but chemical medicines only since about one hundred and fifty years. How did we survive before?

In Japan a lot of different methods are promoted under the name of “homeopathy”, nothing can be said about the safety of those methods. The only safe homeopathy is “classical homeopathy” as created by Samuel Hahnemann, practiced by a well educated and informed practitioner.

A professionally trained homeopath will:

  1. Never give an unknown, unproven remedy not verified by hundreds of homeopaths worldwide first. (“K2 syrup remedy” was such an unproven remedy)
  2. Never substitute recognized and universally accepted medical treatment with a homeopathic remedy or ANYTHING ELSE!
  3. Always put the health and safety of the client before any “belief” or “idea”

It is extremely sad that a newborn child had to die because of a misunderstood therapy going under the name of “homeopathy” even though it is not “homeopathy”. It is also very sad that the midwife responsible for that death most probably has not been correctly trained and might have acted in good faith based on the wrong information.

Let us not forget that MILLIONS of people die worldwide every day under the hands of allopathic medical professionals because of: wrong diagnosis, side effects, errors in prescription etc. Should we therefore abandon modern medicine? Surely not.

We should always strive to improve the health of each single member of society. Our societies are far from healthy. There still is a lot to do.
In homeopathy we believe that strengthening the natural defense system we have been born with is the most effective and safest way to improve everybody`s health.

The individual human being is never perfect ? errors happen, in any field. Whether a pilot, a taxi driver or a medical doctor ? people make mistakes, sometimes very serious mistakes. We need to make the individual responsible for any error committed ? but not the method.
Would you prohibit taxis because one driver carelessly killed somebody?
Should we keep the possible benefits of homeopathy from the Japanese public because one person using something called “homeopathy” made a mistake? That person and the people who trained that person should be held responsible ? not Hahnemann and his wonderful system of homeopathy which has helped hundreds of millions of people worldwide during two centuries, and gives hope to other millions suffering from diseases our modern medicine has no cure for: allergies, kollagen disease, infertility, suicidal depression, rheumatism, diabetes, obesity and hundreds more……….

Robert Hasinger, MD
International Consultant, Author and Specialist in Natural Health
Director of the Faculty of Classical Homeopathy Japan